救急救命士

救急救命士の仕事とは

突然の自己や病気などに見舞われてしまった場合、その人の命を救うのは誰でしょうか。
医師や看護師という人たちも勿論重要な役割であることは間違いありませんが、救急の場合により命に直接関わることになるのが、救急救命士という人たちです。
この人たちは救急車に道場し、搬送中の医療を行うという立場であり、搬送中に心停止などの自体に陥ってしまった場合の生死は彼らにかかっているといっても過言ではありません。

心肺停止を起こした傷病者に応急処置と蘇生処置を行い、速やかな搬送を行うことが、この仕事の根幹ということになります。
ただ、この救急救命士は医師ではないために、することが出来る医療行為には限界があるということがかつて問題となったことがありました。
実際、医師であれば出来る医療行為を、越権で行い蘇生しために処罰を受けた救急救命士がいるなどの問題があります。

この職業は1991年に資格が作られた、まだ新しい医療の仕事です。
そのためまだ環境整備などが整っていない部分も多く、救急救命処置を行うためには電話を通して医師の指示を受ける必要があるなど、独断で行うことができる医療行為には限りがあります。

仕事の内容

ただ、常に搬送中に命に関わるような傷病者がいるというわけではありません。
では、そういった時以外の救急救命士はどのような仕事をしているのでしょうか?
救急救命士の普段の仕事は主にデスクワークとなっており、書類の作成などが中心となっています。

それ以外では救急車の設備や完全の管理を行ったり、場合によっては小中学校での応急処置指導を行うなど、幅ひろい仕事をしているのが特徴となります。
病院ではなく消防署に所属しているという特徴から、消防士と兼任している人も少なくありません。

Comments are closed.