獣医師

動物の医療、獣医師の仕事

医療行為が必要とされているのは、何も人間ばかりではありません。
動物にもまた、医療というものが必要とされています。
今や人間の生活と動物というものは切っても切れない関係となっていることは間違いないでしょう。

犬や猫などをペットとして飼っている家庭が少なくないだけではなく、動物園などで飼育されている動物というのもやはり健康状態を見る必要があります。
これらの動物に対する医療を行っているのが、獣医師の仕事だといえるでしょう。
では、具体的には獣医師がどのような仕事をしているか、カテゴリーに分けながら紹介していきたいと思います。

まず一般的に獣医といってイメージされるのが「臨床獣医師(小動物対象)」ではないでしょうか。
恐らく獣医師を目指したいと思っている人の多くがこのタイプの獣医師を目指しているのではないかと思います。
動物病院に勤務して、ペットなどの小動物を診察、治療するのがこのカテゴリーの獣医師の仕事ということになるでしょう。

ただ、一口にペットといってもその動物の種類は多岐に渡ります。
犬や猫は勿論、ハムスターなどを飼っている家庭も多いですし、フェレットやインコなど、ペットの種類の多様性はさらに増しているのが現実です。
そのため、多くの動物の診療を行うことが出来なければならず、総合診療を行うことができる能力が求められる、難易度の高い医療でもあります。

次に紹介するのは「臨床獣医師(大動物対象)」です。
こちらは動物園や競馬舎、水族館などの大きな動物を飼っている施設で働く獣医師のことを指しています。
体調の管理などを行うことは勿論のこと、繁殖計画を建てて出産のケアを行ったり、怪我をした場合の応急処置を行うなどの処置が求められることになります。

小動物対象の獣医師が開業医を中心としているのに対して、大動物対象の獣医師は雇われがほとんどとなるために、自由度は多少落ちます。
それでも、特殊な動物の診療を行いたいというのであればこちらとなるでしょう。

特殊な獣医師

臨床獣医師以外の獣医師としては、行政獣医師というカテゴリーがあります。
これは国家公務員の一種にカウントされるもので、防疫の仕事が中心となります。
海外からの食品や動物などの検査を行い、病原菌が国内に流失しないようにする、ゲートキーパーとしての仕事が中心となります。

さらに、国家公務員ではなく地方公務員としての行政獣医師もあります。
食肉検査などに加えて、地方で発生する動物のトラブルにも対処することになる、幅広い仕事をする必要がある獣医師です。

獣医師の仕事環境としては、個人診療所が最も多く1万7千人弱、民間団体が7千人前後、都道府県職員が7千人前後、市町村職員が2千人弱です。
国家公務員に当たる行政獣医師は500人前後という少なさで、狭き門であることがわかります。

Comments are closed.