医師

医療の中心

病院における医療の中心となるのが、医師という職業です。
ひとりひとりの症状を観察して原因を特定し、その治療を行うのが主な医師の仕事になります。
ただ、一口に医師といっても診療科は多岐に渡っており、全員がすべての分野に対して高いレベルを有しているわけではありません。

内科は内蔵などの内側の病気を内側から治すことが目的の診療科になります。
対して外科は内側の病気を外側から治すことが目的となっており、「治す」という目的は同じであるものの、アプローチに違いがあるわけです。
ただ、素人にはどこに掛かれば良いのか分からない病状が発生することも少なくないでしょう。

そういった時にに利用することが出来るのが、総合診療科という診療科です。
こちらでは自分の抱えている健康上の問題を告げることで、そこから問題が発生しているのはどこなのか、原因はなにか、ということを検討、適切な診療科を考えてくれる、という診察を行なってもらう事ができます。
その他にも、呼吸器科や泌尿器科、循環器科など、自らが特に得意としている分野を専門診療科として持っていることになります。

ただ、医師はその専門診療科についてしか診療することが出来ないわけではありません。
医師になる過程において、医学部の卒業が必要となるわけですが、医学部では基本的に全診療科における治療の基本部分については研修が行われています。
そのため、少なくとも最低限の知識は全医師が有していることになるわけです。

ちなみに、法律では、他の診療科領域であっても診察や治療を断ってはいけないという定めがあります。
ただし歯科と麻酔科についてはこの限りではありません。

医師のカテゴリー

医師には診療科とは別にカテゴリーというものが存在しています。
一口に医師といっても、目指している医療に違いがあり、行う仕事が分かれているわけです。
では、どのような仕事が医師にはあるのでしょうか?

まず1つ目となるのが臨床医の仕事です。
これはいわゆる私達がかかる医師であり、患者を診察して原因を追求し、治療を行うという医師のことを指しています。
病状から正しい原因を見抜くことができる力を求められ、さらにそれに対して適切な医療の指示を行うことが出来なければなりません。

2つ目が研究医です。
こちらは大学病院などを中心にして所属している医師のことで、現在では解決することが出来ない、あるいは難しい病気を将来的にはもっと確かに、簡単に治療することが出来るようにするために、日々研究を行なっている医師ということになります。
かつては治らないとされていた病気が今では治るようになっていることがあるのは、こういった研究医の人たちによる仕事の賜物であるといって過言ではないでしょう。

では、医師が勤めている先というのは主にどこになるのでしょうか?
統計によると、病院に勤めている人が最も多く18万人強、ついで診療所が10万人前後となっております。
その他では介護老人保健施設に勤務する医師が3千人前後、それ以外に従事している人が1万1千人強という結果です。

それぞれ違った職場ではあるものの、医療を支える人物として大きな役割をになっていることには違いありません。

それでは、医師になるためにはどうすれば良いのでしょうか?
医師になるための方法については、下記のサイトに詳しいのでそちらを参照してみてください。

医師になるには

医師として働くためには、まず医大に出ることが大前提です。
人の命を預かることになるこの仕事ですから、簡単に就くことはできません。
医師国家試験などさまざまな難関を乗り越え、ようやく働くことができるようになるのです。

Comments are closed.