陽子線治療装置

陽子線治療とは

がんを発症してしまった人に対しての治療は、外科手術や薬物療法、それに放射線治療を組み合わせて行います。
このうちの放射線治療の現場において、新たな技術を使用することで、副作用が軽く、安全性の高い治療ができるようにしたのが「陽子線治療」です。
今までがんの治療は副作用が多く治療が困難でしたが、陽子線治療はがんの病巣のみに集中した効果を期待できるため、とても注目を浴びています。

放射線治療においてはX線やガンマ線といった使用方法によっては重大な健康被害が起こる可能性のある技術が用いられるのが一般的です。
そこでより安全に治療ができるようにと代替技術として開発をされたのが「陽子線」です。

陽子線とは簡単に言うと水素の原子核のことであり、粒子中にプラスの電気を帯びているというところに特徴があります。
水素ガスを原料にして水素原子から電子を引き離すことでつくり上げるものであり、これを人体に照射することにより透過力の高い「陽子線」として使用をすることができます。

陽子を体内に照射させるときには光速の約70%ものスピードに加速をさせるようにしており、体内で標的とするがん細胞に到達したときには動きが止まるという健康な細胞を傷つけることのない画期的な治療法として注目されています。

現在は先進医療として認可されています

この陽子線を使った治療法は現在「先進医療」として取り扱われているものなので、実際に病院で受ける場合には保険適用外の実費負担となっています。
症状にもよりますが費用はだいたい300万円くらいとなっているので、そうそう簡単に受けることはできません。

しかし従来までの放射線治療と比較して安全性が非常に高く、特に放射線の照射が難しい前立腺がんや肺がんで高い効果を上げています。

全てのがん患者さんが希望をすれば受けられるものではなく症状やがんの進行によって可能な場合と不可能な場合があります。
まずは陽子線治療装置が設置してある医療機関はどこであるか調べ、対応可能な症状であるかを相談してみるとよいでしょう。

Comments are closed.