強度変調放射線治療(IMRT)

放射線治療の精度を高める先端医療機器

強度変調放射線治療(IMRT)は、これまで行われてきた放射線治療のための技術をさらに高めるものです。
放射線治療は主にがんなどの腫瘍の治療に用いられてきましたが、これは外科的手術をすることが難しい頭頸部などの腫瘍に対して大きな効果をもたらすものでした。

放射線治療について先にしくみを説明しておくと、これは放射線を生物の細胞に照射することによりその細胞を死滅させることができることを利用したものです。

世間一般的なイメージとしては放射線は原子力発電など怖いイメージがありますが、正しく使用をしていくことで他の方法では難しい病巣を取り除くための強い効果があります。

がん細胞の場合ものすごいスピードで分裂を繰り返し体内の多くの部分へと転移をしていきますので、その力をおさえるために放射線を使用することでメスで切り取ることをしなくても治療を行うことができます。

その半面で使用方法を誤ってしまうと人の体に重大な傷を負わせることになるのも放射線であるため、より安全性の高い技術の開発が急がれています。
そうした流れの中で誕生をしたのが高度な放射線治療をしていくことができるIMRTというわけです。

これまでの放射線治療とどこが違うのか

IMRTは「Intensity Modulated Radiation Therapy」の略称で、直訳をすると「強度変調放射線治療」となります。
従来までの放射線治療と大きく異る点としては、コンピュータを使用することによって病巣部と正常な細胞の判別を詳細に行うことができるようにしたということが挙げられます。

放射線治療ではがん細胞のような人体に悪影響のある細胞に放射線を照射して死滅をさせていくことを目指しますが、このときどうしてもがん細胞だけでなく正常な細胞にも多少の影響がおよぼされてしまいます。

放射線があてられた正常な細胞は、時間の経過とともに回復をしていくのではありますが、患者さんへの負担を減らすためにできるだけ不必要な照射は避けたいところでしょう。

また腫瘍に対して照射をする放射線の量も、多くするほど治療効果はあるものの、照射量の増加によって合併症を起こしてしまう確率も高めることになってしまいます。
そのため従来の放射線治療では照射量の上限は正常細胞が耐久できる量までとするのが一般的で、そのため十分に悪性腫瘍を死滅させられる量をあてることができないといいうこともありました。

ですのでもし悪性腫瘍部分が正常な細胞に取り囲まれていたりすると放射線治療そのものをすることができないということもあります。
そこでIMRTを使用することにより、患部を3Dとして造影し照射する場所を的確に把握し過去の照射例をプログラミングした内容から計算しどこにどのくらい照射をするのが適当かという治療計画を立てていくことができるのです。

正確な位置測定が重要

このIMRTは既に治療の現場において広く使用されているところですが、実際の運用ではいかにして正確な位置を特定できるかが重要になってきます。

誤ってほかの体の部分に放射線があたることがないように、治療時にはかなり堅固に体を固定してから機械を動かすというようなこともよくあります。

治療をするときには他にCTやX線撮影といった検査を十分に行い、患部を完全に特定してからようやく治療をするという手順も必要です。
そのため従来までの放射線治療よりも実施までに長い時間がかかり、準備期間として2周間程度の検査が必要になってしまいます。

現在までのところ最も効果をあげているのは前立腺がんの治療現場ですが、今後技術が確立することによりさらに多くの部位で高い効果をあげられることでしょう。

Comments are closed.