ロボットスーツHAL

世界初のサイボーグ型ロボットHAL

HAL(Hybrid Assistive Limb)は世界初の人間の動作に沿った動きをするロボットです。
現在もめまぐるしくロボット産業は発展してきていますが、その多くは工業用や産業用として開発されたものであり、人間のような二足歩行や関節に制限のある動きはなされていません。

人間の動作に近い動きをするロボットをサイボーグ型といいますが、このHALは人の脳からの司令を受ける形で人の体の動作を助ける機能を発揮します。

現在医療用として販売されているHALでは、下半身に装着をする形をしており本人が「歩きたい」という思うことでそのアクションに沿った動きを下半身のロボットが行っていきます。

体の筋肉から出る信号をキャッチする

取り付けをするのは下半身なのになぜ脳で考えた動作ができるのかと思うところですが、これは人の体が頭で考えたときに流れる筋肉への信号を利用したものです。

私達は「歩こう」「立ち上がろう」といったことを脳が考えたときに、その命令は脳から全身の筋肉へ信号として伝達されそれが必要な筋肉を動かすことになります。

HALはこの神経に送られた信号を皮膚表面からキャッチし、その信号によって起こるだろう下半身の筋肉の動作を自然にサポートしていきます。

ですので病気などによって自力で立ち上がったり歩いたりすることができなくなった人も、動作をしたいと考えるだけでまるで自分の足が本当に動いているかのようにふるまうことができます。

今後も期待が高まるHAL

また身体が不自由な人が利用する以外にも、今後様々な場面でHALの活躍が期待できます。

現在は開発段階ではありますが、身体全身にHALを装着することによって、人力では動かせない重作業を行う事が出来ます。
これにより被災地などで瓦礫などの重い物体を移動する必要がある場合、クレーン車などが入る事がスペースがない場所でも、移動する事が可能です。

また、災害現場用のHALも開発中なので、近い将来人体に影響があるような場所でも活動が可能になるでしょう。

Comments are closed.