EMARO

内視鏡手術を的確に行うための機器

EMARO(エマロ:Endoscope MAnipukator RObot)は、患者さんへの身体負担を大幅に軽減できる、腹腔鏡手術を行うための補助的医療機器です。

特徴となっているのは、世界初の空気圧駆動型の内視鏡ホルダーロボットということで、従来までの内視鏡制御ロボットと比較して、滑らかかつ正確な動きがすることができるようになっています。

内視鏡手術は既に多くの医療機関で行われてきていますが、そこで使用されている内視鏡ホルダー用の機器は、電動モーター式のものがほとんどであり、使用中に生じる振動やブレが起きやすいというデメリットがありました。

そこでこのEMAROでは空圧式で駆動をさせるようにしたことで、使用時の動きがより精密になり柔らかい移動をしていくことに成功しています。
また、動く自由度も大幅に性能が上がっているため、安全性も高まります。

執刀医の体につけることで自由な動きが可能

EMAROのを実際に使用する場合には、手術を担当する執刀医が頭部にセンサーをつけて行います。
このセンサーに反応して頭の動きに合わせて空気圧で内視鏡が動いていくので別に手動で機器を制御しなくても自由に見る角度を変化させられるという大きなメリットがあります。

動く自由度もかなり高く上下左右回転どあらゆる角度に対応可能です。
空気圧による駆動をするロボットは既に工業製品では広く用いられている技術であるため、精密さや安全性については技術的な担保があります。

さらに使用されている内視鏡も小型化・軽量化がされているので、従来よりも患者さんの体内を傷つけることなく施術ができます。

センサー式で内視鏡の操作ができることのもう一つのメリットは、手動式の内視鏡手術のように口頭で、助手に内視鏡の動きを指示しなくてもよいということです。
そのため施術中の意思の疎通の不具合なく、執刀医が自分のペースで手術を進めていけます。

Comments are closed.