ツムラ

株式会社 ツムラにあるコーポレート・スローガンは、 自然と健康を科学することです。
株式会社ツムラには津村順天堂時代だった時代もあり、その時には
「漢方を科学する」ことを名乗っていました。

ここで漢方と科学の関係を追求しなければなりませんが、漢方とは今まで科学的に証明出来ないものであるから漢方だったのです。
西洋医学では観光をよけいなものとして排除させていた経緯が残念ながら存在しているものの、西洋医学に頼り効果のない人たちが漢方に依存し、漢方によって大きな効果を得ることも実際には多くあるケースなのです。

経営戦略

しかし漢方は科学的に証明出来ないから胡散臭いと未だ言われて続けている事実もあり、株式会社ツムラは西洋と、漢方の丁度真ん中ありに立ち、経営戦略を練っている会社と言えます。
今まで株式会社 津村順天堂だったものを、1988年10月1日に「ツムラ」とその名を変えます。
あの有名な「バスクリン」が生産販売をスタートするのは、既に1930年のことです。

ツムラの歴史

1972年(昭和47年)には浴槽洗浄剤の「バスピカ」が発売されました。
ツムラは医療用漢方製剤を扱い、更に漢方製剤以外で扱うものもありましたが、現在はそれはマルホ、科研製薬に譲渡されました。

OTC医薬品として

OTC医薬品では、 漢方製剤として有名な葛根湯をはじめとして、小青竜湯、柴胡桂枝湯といったものを扱い、漢方内服液や漢方エキス錠として様々なニーズに合わせた服用しやすいタイプを販売しています。
更にツムラ漢方トローチ桔梗湯などがあります。

漢方薬以外のものとして

漢方薬以外のものとしては、中将湯、中将湯ティータイプ、 ラムールQと言ったものに注目が集まっています。
更にワンテンPα、ツムラ胃腸内服液、 熊膽丸、 ハイクタンD、 ハイクタンエース50、 ハイクタンゴールドX、ハイクタンDプラスと言ったものがあります。

そしてそれ以外のものとして、 バスハーブ医薬部外品のバスハーブがあります。
※バスクリンは現在 株式会社バスクリンが製造販売が製造販売をしています。
バスクリンとツムラとの資本関係は現在一方ではありません。

ツムラは一体どのような会社なのでしょうか。
日々健康を維持する為にはみなさんが規則正しい生活を心掛けると言うことがとても重要なことです。

しかしそれでも体調が悪いと言う時には、正しい医薬品を利用して、 症状を悪化させない姿勢もとても大事なことになります。
ツムラはその為に様々な商品を提供してくれています。
後はみなさんがそれぞれの症状に一番合ったものを、用法、容量を守り使用するようにしてください。

Comments are closed.