東和薬品

東和薬品とはどのような会社なのでしょうか。
まずここでみなさんに注目をしていただきたいのはジェネリック医薬品です。
東和薬品はジェネリック医薬品こそが、多くの人たちを笑顔に導くと考えています。

広くジェネリック医薬品のことは一般的にもなって来たと思いますが、まだ判らないと言う人たちに簡単に説明しましょう。
医療機関で処方される医療用医薬品と言うのがあります。
その中に今は新薬とジェネリック医薬品が区別されているのです。

ジェネリック医薬品にあるメリット

新しい有効成分、使い方が開発され最初に発売されるものは新薬として捉えることが出来ますが、ジェネリック医薬品のとらえ方は、新薬が特許期間などあり、機関が経過してしまった場合、他のメーカーがそれを引き継いだりします。
そこで同じ成分の、効き目、品質など全然新薬と劣らないものが作られて行くことになります。

それを条件として国から継承することが許されているのです。
おおかたジェネリック医薬品と新薬とは同じもの、更には様々な更なる工夫を加えたものと捉えてもいいのではないでしょうか。
ジェネリック医薬品に存在しているメリットと言えば、患者さんの病気を治し、かつ患者さんの負担を軽くかすることができることです。

東和薬品がジェネリック医薬品に対してどのような工夫をしているか

そうです、新薬でなくジェネリック医薬品に対して、新薬以上のプラスアルファのメリットをみなさんに感じていただきたいと東和薬品は日々一生懸命頑張っています。
東和薬品は長年ジェネリック医薬品に関わり、様々な工夫を付け加えたりと言うことを日々行っています。

新薬と同じ効果であることは必須条件ですが、プラスして飲みやすさ、扱いやすさと言うことを追求しています。
口の中ですばやく溶けるから、東和薬品のジェネリック医薬品はとても多くの人たちよりいい評価をもらっています。

そして薬が苦くないと言うことも理想です。
東和薬品では、苦みを軽減するマスキング技術というものを採用しています。
更にこの会社が誇りとしてるものは、ざらつかず飲むことができる、微粒子化のアイデアです。
更にパッケージの工夫、光による変色をする工夫など、既に新薬として開発されている薬ゆえ、更にこうしようというアイデアがここに溢れかえっています。

600種類ものラインアップ

東和薬品はこのような長年の経験によって、既に600種類もの品目がラインアップされています。
消化器官用薬、 代謝性医薬品、ホルモン剤、循環器系、呼吸器用薬などなど。

東和薬品では一人でも多くの患者さんたちを救いたい、喜んでいただきたいと一生懸命なのです。
既にジェネリック医薬品のことを多くの人たちに理解していただける時代とも段々とシフトして来たようですが、まだまだこれからも東和薬品では、ジェネリック医薬品のメリットを推進して行ってくれることでしょう。

Comments are closed.