武田薬品

武田薬品は、 アンメットメディカルニーズが非常に高い会社です。
この会社でも現在マーケティングはグローバル化が強化されて、世界中の人たちに高品質の医薬品を届けたいと一生懸命です。

株式会社武田長兵衛商店として会社設立

1925年1月29日 に「株式会社武田長兵衛商店」の設立されました。
1943年には、 「株式会社武田長兵衛商店」から商号変更がされ 「武田薬品工業株式会社」となります。

その後、1950年には、「パンビタン」が発売されますが、これが日本初となる総合ビタミン剤です。
1954年には、 現在でも有名な「アリナミン」が販売されます。

「アリナミン」は、疲労回復などの効果が期待できるものとして知名度をあげました。
総合感冒薬として名が知れているベンザが発売されたのは1955年のことです。

ハイシーの誕生

美しくなりたいと思っている人たちは、積極的にビタミンCを摂取しようというモチベーションは大変高い筈です。
1961年頃には既にそのようなモチベーションは高まっていたのです。
そしてこの会社が「ハイシー」を販売し、多くの人たちに注目されることになります。

同時にこの会社は、アジアへも進出を果たして行くことになります。
1965年には高まる様々なニーズに応え、提供しようと、アリナミンA50などのアリナミンシリーズが発売され、同時に総合胃腸薬が販売されたのもこの頃です。

1970年には、漢方薬製剤の生産にも手がけることになります。
次には漢方胃腸薬「タケダ漢方胃腸薬(錠・末)」、「タケダ胃腸薬(三層錠・顆粒)」、「タケダ消化薬」が製品の販売が続きます。

更にタケダの躍進は続く

漢方製剤「ロックミン」をはじめとした様々なアンメットメディカル製品を発売し更にタケダの躍進は続きます。
人々が健やかに生活を送るサポートをするために、気軽に購入することができる身近な医薬品の販売が行われました。
商品名やタケダという名前は人々の生活の中に浸透し、家庭の薬箱としての役割を担っているほどであります。

総合感冒薬「ベンザエース」をはじめとして風邪や栄養ドリンクとして様々なサポート商品を打ち出すタケダ。
医薬品が多い中で名称をタケダに変更したことでポップなイメージがあり、若い女性からの支持も獲得しています。

高品質な商品を生活の中により取り入れやすくするための工夫も行われています。
薬局やドラッグストアだけではなく、コンビニにも置かれている商品が多くあります。
健康意識の高い女性をターゲットとしたことで支持を獲得し、美容にもよく健康な体つくりのための取り組みがされています。

Comments are closed.