日医工

日医工株式会社は富山にあるジェネリック医薬品のメーカーです。
ジェネリック医薬品のメイン会社として、沢井製薬に次ぎ現在第二位の位置を占めています。
売上げで評価をすれば、現在では沢井製薬を上回った末に国内トップにいます。

日医工と言う会社は、1965年に創業し、 健康な生活を願う人たちの期待を後押しして来ました。
品質の高い医薬品、かつ経済性の優れた薬を提供することに大きなメリットがあります。

医療費の問題も深刻に考えなければならない

我が国の医療の問題を考えると、年々費用が増加して深刻な問題を抱えていることを度外視することは出来ません。
そして医療に関わる人たちが、医療費削減と言うことになれば間違いなく現在ではジェネリック医薬品と向きあうことになります。

年々日医工に対しての依存度が高くなって来たことがありありと見て取ることが出来ます。
ジェネリック医薬品に対しての依存度が高くなり更にジェネリック医薬品に対しての新しい促進案がここに打ち出されて行く必要があります。

日医工が成長しているのは間違いなく多くの人々がこのジェネリック医薬品を支持しているからです。
その過程において日医工は更に大きく飛躍して行くことでしょう。

ジェネリック医薬品について

おおかたの人たちが既にジェネリック医薬品のことを理解していると思いますが、まずはこの医薬品の基礎の理解よりスタートしなければなりません。
ジェネリック医薬品は、病院、診療所で処方される医療用の薬です。

新薬というものがあり、 その先発して医薬品と同程度の有効成分を持っています。
ジェネリック医薬品だから不安だいとう警戒心は既に日本の皆様には取り除かれたことでしょう。
ジェネリック医薬品は安全性も、有効性も国から認められているものなのです。

日医工のジェネリック医薬品

日医工は、 製造の段階から患者さんや使用されるユーザーの立場に立ち、 服用性や使用性、 更に独自の工夫をおしすすめています。
どのメーカーよりも利便性の高い、品質の高い医薬品がここで作られようとしています。
日医工はOTC医薬も扱っています。

さらにライフィックスの事業を引き継ぎました。
今まではライフィックスのものだったエザックや日医工A2胃腸薬、ベッセンが日医工に移管されて販売が行われています。(2007年7月 新新薬品工業へ事業譲渡)

2013年には フェキソフェナジン塩酸塩錠・SANIKを販売しました。
これはサノフィからの特許を受けた製剤であり、日本国内ではじめてのオーソライズドジェネリックと言われています。
まだまだ多くの人たちを健康にする為にこの会社は躍進し続けます。

Comments are closed.