医療用品

医療用品の意味

日本の医療を支える二本目の柱が、医療用品です。
ただ、実際の医療用品の定義というのは医療機器のなかに含まれているもので、少々意味が違って来てしまいます。
今回このサイトでは医療用品として主に医薬品を取り扱って紹介していきたいと思いますので、その意味で捉えて頂ければ幸いです。

医薬品というのは、人や動物の疾病に対して診断や予防、治療を行うために与える薬品のことを指しています。
一般的に医薬品というと内服薬の他、外用薬、注射剤などの種類があり、それぞれ違った効果が期待できるということで使い分けがなされています。

ちなみに薬局やドラッグストアなどで誰でも購入することが出来るものは一般用医薬品という扱いで、医療用医薬品とは定義が違っています。
さらに、コンビニなどでも購入できるものは医薬部外品という扱いで、更に定義が違っていることになりますから注意が必要です。
ただ、この先で紹介していく製薬会社はそれらの一般用医薬品や医薬部外品の生産も行なっていることがありますので、それについても少し触れつつ紹介していきたいと思います。

では、医薬品の定義についてそれぞれ簡単ながら紹介していきたいと思います。
まずは医療用医薬品についてです。
医療用医薬品は医師等によって直接使用されるか、あるいは処方箋などによって処方されることが目的となっている医薬品のことを指している言葉です。

ただ、この医療用医薬品という言葉の定義は曖昧なもので、医療目的で利用する医薬品ならばすべて医療用医薬品というように使われている場合もあるので、文脈から読み取る必要があります。
基本的には医師によって処方されるものを指していると考えると良いでしょう。

一般用医薬品は薬局で販売が行われており、処方箋なしでも薬剤師の判断によって販売することが出来る医薬品のことを指しています。
副作用などがなく、症状に適していないで利用したとしても悪化するなどの影響が発生しにくい、ということを理由に許可されているものが中心となります。

さらに、薬局医薬品という扱いの医薬品もあります。
こちらは一般用医薬品以外の医薬品のことを指しているもので、薬剤師が直接情報提供をしなければ販売することが出来ないというルールがついています。

製薬会社の紹介

では、この先で紹介していく製薬会社六社について、簡単な紹介をしていきたいと思います。
それぞれの製薬会社が違った特色を持っており、様々な医療に寄与しています。

まず一社目として紹介するのは「大塚製薬」です。
一般医薬品外用薬や、健康系の食品飲料などを販売していることで有名ですが、製薬会社の名に負けず医療用医薬品の研究生産についても行なっています。

二社目として紹介するのは「アステラス製薬」です。
こちらの会社は医療現場で利用される医薬品を中心に生産を行なっており、糖尿病などに対して効果的な医薬品の生産で有名です。

三社目として紹介するのは「エーザイ」です。
ヒューマンヘルスケアというスローガンのもとに、医療用医薬品からビタミン剤まで、幅ひろい医薬品の生産を行なっています。

四社目として紹介するのは「小林製薬」です。
「あったらいいなをカタチにする」というスローガンのもとで、一般用医薬品を中心にして生産しています。
余談ではありますが、商品名がユーモラスでわかりやすいものになっていることが多いですね。

五社目として紹介するのは「大正製薬」です。
栄養ドリンクのリポビタンDを代表に多くのビタミン剤や滋養強壮剤などの販売を行なっている他、風邪薬や解熱鎮痛剤、乗り物良い薬、漢方薬など幅ひろい医薬品の研究を行なっているのが特徴です。

最後に六社目として紹介するのは、「久光製薬」です。
塗布薬として有名なサロンパスの生産を代表に、外用薬に強みを持った製薬会社となっています。

いずれの会社もそれぞれの強みを持っており、様々な形で日本の医療を支えています。

大塚製薬

幅広い医薬品の生産

アステラス製薬

医療用医薬品が中心

エーザイ

薬粧品の生産も

小林製薬

衛生雑貨が多い

大正製薬

リポビタンDで有名

久光製薬

貼付薬ならこの会社

Comments are closed.