東芝

地域に根ざしている日本一のサービスネットワークを有している会社として東芝メディカルシステムズ株式会社があります。
北海道から沖縄まで1000名ものカスタマーエンジニアがお客様の抱えている問題を解決へと取り組んでいます。

東芝メディカルシステムズ株式会社は、イメージング・治療・医療ITという医療フィールドにおいて、 Made for Lifeというスローガンを掲げています。
ここでは 臨床価値は最大限に活かされていかなければなりません。
この会社は幅広いソリューションを提供します。

ヘルスケアITソリューションについて

画像モダリティや治療システム、医療IT の総合的販売者として、 更に良質な開発・製造・サービスを目指して行きます。
東芝メディカルシステムズ株式会社は一貫したソリューションの提供をし続けていかなければなりません。
しっかりここに明確な目標が必要になります。

東芝は最新IT技術としっかり向きあい、医療システムにいち早く取り入れるモチベーションを持っています。
常に最新であり、相互運用性の高いシステムを開発して行きます。

この会社は医用ベンタとして突き進んでいかなければなりません。
東芝の持つ能力、ノウハウはしっかりここに結集しなければなりません。

そしてお客様の持つ悩み・課題は解決されてトータルソリューションへと導かれていかなければなりません。
さらに東芝メディカルシステムズ株式会社では、画像診断部門のシステム化を軸として、 数多くの実績、経験を積み重ねてワークフローのシステムを作って行きます。

更に世界・業界水準としてDICOM, IHEに適合したシステム作りへと導いて行きます。
システム障害を回避する為に、 遠隔保守・予防保守システムやウィルス対策にもしっかり対応出来るサポートシステムが構築されていかなければなりません。

そして最後に永続的であることが企業にとって一番考えていかなければならないことです。
画像ソリューション、病院ソリューション(HIS)、 診療所ソリューション、 健診ソリューションなど質の高いシステムを提供します。

モダリティー

スクリーニング、診断、治療、更にフォローと言った診療のステージにおいて活躍出来る様々なモダリティーを提供します。
X線アンギオグラフィ、 X線TV、X線一般撮影マンモグラフィ、外科用X線装置、回診用X線装置、 集団検診用X線システム、 超音波診断システム、 核医学診断システムなどによって、他社を大きくリードします。

更に東芝メディカルシステムズ株式会社が重視しているのは、 DICOMやIHEの装置間通信規格に沿って、幅広くネットワーク環境を取り入れることです。
より容易なインテグレーションが提供される必要があります。

いかがでしょうか。
まだまだ東芝メディカルシステムズ株式会社についてお話しするべきことは山ほどあります。
この会社は医療の進歩に貢献しなければならない会社なのです。

Comments are closed.