日本光電

日本光電工業の作る医療機器

幅ひろい医療機器の作成を行い、多くの人の健康を支えているのが日本光電工業です。
こちらの会社はともかく多くのカテゴリーに渡る医療機器の作成を行っており、一つ一つが高い精度を持っています。
そこでここでは、日本光電工業が作っている医療機器の一部を紹介していきたいと思います。

まず第一のカテゴリーとなるのが、生理検査機器です。
文字通り医療に関係している検査を行うための機器全般を指しています。
では、具体的にはどのような用品があるでしょうか。

まず、心電計が代表的なものとなります。
入院患者を中心に、心拍を常に見て置かなければならない状況というのは少なくありません。
自動で心電図を取るだけではなく、解析を行って問題が発生していないかを監視する、というような高度な心電計の作成が行われています。

心肺機能が正しく働いているかどうかを検査する心肺機能検査機器の作成も特徴的です。
呼気のガスを分析することで心肺機能の問題を検査するなど、簡単に行えて効果的な検査のために多くの医療機関で利用されています。
呼吸検査機器も同様に作成されており、合わせて利用されていることも少なくないでしょう。

さらに、脳波計の作成も得意としている分野の一つです。
脳の働きというのは外部からでは判断することが出来ない要素の一つであり、波形を取ることの重要性が高い検査分野の一つとなります。

この他にも、筋電図や視覚検査、聴覚検査、画像診断機器などの多くの生理検査機器の作成を行っています。

その他の製作

日本光電工業の製品は生理検査用品だけではありません。
他にも多岐に渡る製品の作成が行われています。

特徴的なものとして、尿失禁治療用の磁気刺激装置というものがあります。
排尿障害を抱えている人にとって、この装置というのは非常に重要な意味を持っていると言えるでしょう。
人間の尊厳にも関わる部分であり、多くの人の精神的な支えとしての役割を担っています。

さらに大規模な装置の製作なども行っています。
検査室システムと呼ばれる、一つの部屋を使う規模の検査装置の作成です。
生理検査システムやMFERステーション、心電図変換ゲートウェイなどが代表的で、多くの病院に配備されています。

Comments are closed.