フクダ電子

フクダ電子はどんな企業?

”社会使命に徹し、ME機器の開発を通じて医学の進歩に寄与する”という目標のもと、多くの医療機器の作成を行っているのがフクダ電子です。
医療というものが社会に与える影響というものを常に意識した医療機器の作成を行っている会社として有名です。

特にこちらの会社の強みとなっているのが「心臓」に関係する製品の作成だといえるでしょう。
代表的なものにどのようなものがあるのか、簡単に紹介していきたいと思います。

心電記録を行う機器というのはかなり多岐に渡って作成されています。
非常に小さいながらも高い精度で記録を行うことができるホルタ記録器や、携帯型のテレメーター受信機などが代表的です。
さらに、解析を同時に行うことが出来る心電計の作成なども行われており、心臓という人間の生命を支えるのに重要な器官の計測に強みがあります。

心臓以外でも、検査器具の作成を多く行っているのも一つの特徴だといえるでしょう。
超音波画像診断検査器具や、呼吸機能検査器具など、医療診療の場において必要性の高い検査器具を生産しています。
臨床医療の基本は検査であり、検査が正しく行えなければ治療も正しく行うことが出来ませんから、間接的に多くの医療を支える存在となっているといって過言ではないでしょう。

在宅医療機器

フクダ電子の作成する医療用品のなかで、特徴的なカテゴリーがあります。
それが「在宅医療機器」というものです。
医療というのは常に病院で行われるものではなく、場合によっては自宅で療養をするという選択肢も十分に考えられるでしょう。

そういった場合に、在宅で利用することが出来る医療機器の生産というものも行っています。
例えば、自宅での呼吸補助を行うための酸素コンプレッサーなどは代表的な装置だといえるでしょう。
その他にもそれらを持ち歩くことができるようなキャリーポートや、酸素ボンベとの接続によって使用料を抑えることができる節約器具などの作成も行っており、自宅での医療に寄与しています。

さらに、より一般層に関係のある医療器具として、AEDの生産を行っているのも特徴的です。
今では駅などの公共の場所でよく見るようになった、医療従事者でなくとも利用することが出来る心拍再生器具がこのAEDです。
周囲で何かがあった時に、すぐにでも利用できるような器具の作成が行われています。

Comments are closed.